» ホーム » 秋田白神山地まるごとガイド » 散策・登山コースについて

散策・登山コースについて

世界最大級のブナの森「白神山地」を肌で感じてみませんか?
ここでは、気軽に楽しめる散策コースと代表的な登山コースをご紹介しております。
あなたは、その美しさにきっと圧倒されることでしょう。
そう、白神山地は、命を育む森なのです。

白神山地地図

【散策】岳岱自然観察教育林 - 苔むしたブナ林が心の静寂を誘う

 太良峡遊歩道の終点から約lKm北上すると、県道西目屋ニツ井線(右に7.7Km進むと県境の釣瓶落峠)と黒石林道(左折)の分岐点とに差しかかります。左折して1.4Kmのところに自由にテントの設営できる「くるみ台森林スポーツ林」があります。さらに約5Km進むとコケむした巨岩とブナ原生林で有名な「岳岱自然観察教育林」に到着します。
 巨岩とブナに覆われた約12haのブナ原生林の中は、1.8Kmの歩道が整備されており世界遺産に登録された白神山地(コア部は立入り禁止)の重厚な趣を体験できる数少ない自然観察林です。
●県道から黒石林道分岐点より6.6Kmで岳岱に至る。途中サワグルミ林の中にはくるみ台森林スポーツ林があり、白神山地の大自然を満喫することができます。
●岳岱はコケむした岩塊と約12haの原生的ブナ林が調和した風景林で、自然観察には最適な場所です。
●ブナの巨木とイタヤカエデ、ヤチダモ、ホオノキ、サワグルミの大木や巨岩を縫うように歩道が約1.8Km続いています。(新緑、紅葉時の景色は素晴らしいです。)
●観察できる植物(岳岱~湿原):スミレサイシン、タケシマラン、エンレイソウ、エソアジサイ、ギンリョウソウ、ショウジョウバカマ、ツバメオモト、サンカヨウ、ツルアジサイ、リョウメンシダ、ジュウモンジシダ、ユキザサ、シラネアオイ、オオカメノキ、ムラサキヤシオ、ツツジ、ミズバショウ、ザゼンソウ、エソリユウキンカ、ミツガシワ、ニッコウキスゲ、ウラジロヨウラク、ハクサンシャクナゲ


【散策】太良峡(だいらきょう) - 自然の造形美を堪能!

 太良峡は位牌岩、仁王岩と呼ばれる奇岩、大小の滝からなる美しい渓谷です。藤琴川沿いにある約1キロメートルの遊歩道からは、緑豊かなブナ林や樹齢200年を越える天然秋田杉を眺めながら、四季折々の花や野鳥のさえずりを楽しむことができます。
●太良峡コースは湯の沢温泉から入り、途中「峨瀧(がろう)の滝」を過ぎ、マグマが地層を貫いて入り込んだ大素波里安山岩の柱状節理に至る。(採石運搬車多く、車の運転に注意。)
●大素波里より太良鉱山跡の、高さ30mの太良橋をわたり車で約5分で太良峡の遊歩道に至る。
●歩道は樹齢約200年以上の天然秋田杉の中を谷底に下り、犬戻し渓谷、位牌岩、一通滝、仁王岩、不動岩など大小さまざまな滝や奇岩、怪石が連続します。
●初夏の新緑、秋の紅葉は素晴らしいです。
●「おう穴」=岩が急流で動く石で削られて穴があいてしまうこと。


【散策】田苗代湿原 - 湿原に咲き誇る可憐な高山植物

 岳岱の入り口から3.4Kmの地点が林道の終点です。登山道を歩いて約15分で田苗代湿原に到着です。
 19haの湿原には春から夏にかけて種々の高山植物が咲き乱れ、訪れる人たちを楽しませてくれます。
 駒ヶ岳山頂に住む女神の田だったという言い伝えがあり、豊凶を占う岳参りの場所として昔から尊崇を集めています。湿原には木道が整備され、貴重な自然を間近に楽しむことができます。


【散策】釣瓶落峠(つるべおとしとうげ) - 圧倒されるスケール!県境の名勝地

 自動車で、太良峡の分岐点から切り立った山々、深い渓谷を縫うように約30分、釣瓶落 峠に至ります。
 自然が織りなす壮大な渓谷美に思わず魅了されます。
 バイオトイレ及び駐車場があり、釣瓶トンネルを抜けると青森県西目屋村に至ります。 (約20Kmで暗門の滝に至ります。)


【登山】小岳コース(秋田県藤里側)

小岳コース

二ツ井駅-(1:40)→小岳登山口
登山口=(登り2:00/下り1:30)=小岳
本州では、もっとも低い標高にハイマツ帯があります。山頂付近は世界遺産地域との境界です。標高1042m、イヌワシの飛翔が見られることで知られています。


【登山】駒ケ岳コース(秋田県藤里側)

駒ケ岳コース

■ルート1(直行)
二ツ井駅-(1:10)→樺岱登山口
登山口=(登り2:00/下り2:30)=駒ケ岳
■ルート2(田苗代経由)
二ツ井駅-(1:20)→立俣沢登山口
登山口=(登り0:15/下り0:15)=田苗代=(登り1:25/下り1:25)=駒ケ岳
ニッコウキスゲ、ミズバショウなどの高山植物が群生する湿原・田苗代を通り、駒ヶ岳へ向います。標高1158mの山頂からは、360°のパノラマで白神山地を一望できます。


【登山】二ツ森コース(秋田県能代側)

二ツ森コース

八森駅-(0:40)→青秋林道終点
登山口=(登り0:40/下り0:20)=二ツ森
標高1086m、登山口から先は世界遺産地域内、短時間で登れるため訪れる人も多いです。山頂から、津軽平野、日本海、男鹿半島をも眺められます。


【登山】暗門の滝コース(青森県側)

鳴門の滝コース(青森県側)

弘前駅-(2:00)→暗門の滝入り口
暗門大橋=(登り0:45/下り0:25)=第3の滝=(登り0:10/下り0:10)=第2の滝=(登り0:15/下り0:15)=暗門大橋
妙師崎沢にかかる3つの滝をめぐる、比較的なだらかなコースです。一番手前のの第3の滝は落差26m、第2の滝は37m、第1の滝がもっとも大きく落差42m、進むに連れて、スケールを増しながら滝が姿を現わします。